○○○治療家を演じるだけで売上が上がる‼

こんにちは。

幸せな治療家®プロデューサーの

楠本大貴です。

本日は

『○○○治療家を演じるだけで売上が上がる‼』

というテーマで

売上アップのヒントを

お伝えします。

今回のブログを最後までご覧になれば、

ちょっと工夫するだけで、

お金をほとんど掛けずに売上アップ

できるので見逃さないでください。

・・・

ダメな例⓵:あいまいな医者

僕が子供の頃、母に連れられて、

小児科に行った時の話です。

母「息子が、○○なのですが、

単なる風邪でしょうか?」

医者「えーと、たぶん、

そうじゃないかと思いますね…」

この医者は、いつもこんな感じで、

非常にあいまいです。

会話は続きます。

母「いつもの風邪とは違うようなのですが…」

医者「うーん。たぶん風邪ですね。

お母さんはどう思います?」

母「はぁ?いつもと違う感じがするのですが…」

驚くことに、

あいまいな表現のみならず、

母に質問し返すという、

従来の医者の概念を覆す

発言をしたのです!

そして、

この病院にいくことは二度と

ありませんでした。

それもそのはず、

医者は悩める人を救う立場です。

救いを求めている人には

断定してあげるのが愛です。

断定するのが危険であれば

「まずは様子を見ましょう」と

言いきってあげるべきです。

患者さんの立場に立てば

当たり前ですよね。

教訓1:医者(医療者)なら断定する

ダメな例⓶:ポロシャツの治療家

知り合いの治療家さんは

治療着がポロシャツでした。

その時はリピート率が5割程度

だったのですが、

私のアドバイスで

治療着を白衣に変更しました。

するとなんと、たったそれだけで、

リピート率が7割になったのです。

実はコレ、心理学的には常識です。

実際に、ホームページに載せる

写真を私服から白衣にしただけで、

問い合わせが増えた事例もあります。

これも、患者さんの立場に

立てば当たり前…

もし、あなたが現在、

白衣で施術をしていないのなら

今日から白衣に変更して下さい。

ちょっとのコストで

確実にリピート率がアップします。

教訓2:治療着は白衣で!

ダメな例⓷:自信がない治療家

患者さんがアドバイスを

求めているのに、

煮え切らない回答。

質問をすると、

しどろもどろ。

もちろん、患者さんは

頼りがいの無い治療家に

繰り返し治療を頼むことはありません。

実は、その治療家は

若き日の僕です。

若き日の僕は、

患者さんが

苦手なタイプの場合、

あがってしまっていたのです。

あがってしまうと、

会話もしどろもどろに

なってしまうのです。

先生にも苦手なタイプの

患者さんはいませんか?

もし、苦手なタイプの患者さんが

いる場合はこうすると良いですよ。

それは、マインドセットです。

例えば、施術前に

以下の言葉を唱え、

心を落ち着かせます。

「○○さんは、私の事が好き!」

それに加えて、

苦手なタイプな患者さんでも、

相手の好感を持てるところを

探しながら心の中では

「私は○○さんが大好き!」

と唱えます。

すると、肩の力も抜け、

自然体で接することができます。

実はコレ、飛び込み営業の

達人たちがやっている行為です。

アウェーに飛び込んで行く

営業のプロ達の多くが実践している

ことなので、成果実証済みです。

自然体で患者さんに接することで、

普段通りの力が出せるので、

リピート率も当然アップします。

教訓3:マインドセットをして患者さんに接する

以上です。

ぜひ、今日から1つでも

取り入れて下さい。

どれも簡単な事なので、

すぐに実践できますよね!

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です