【治療家に必須の考え方】予約キャンセルがあったら

こんにちは。

楠本式治療技術スクール
代表の楠本大貴です。

本日は
“【治療家に必須の考え方】
予約キャンセルがあったら”

というテーマで先生の治療院が
繁盛治療院になるヒントを
お伝えしていきます。

この内容を常に意識しておくことで

予約表が真っ黒の状態になりますので
ぜひ最後までご覧ください。

先日は大阪で
楠本式治療技術スクール
第4期 2日目を開催しました。

1日目と2日目の内容だけで

・短時間治療
・高単価治療

ができる

他の治療院では治せない症状も

たった1回の治療で
劇的改善できる

そんな技術を習得していただきました。

すでに
・患者さんが驚いてます
・患者さんが『何これ!』と感動しました

などと
スグに成果が出てます。

セミナー後の懇親会の中で

常に予約表は真っ黒
自分の理想とするライフスタイルを実現し

アシスタントとして参加いただいている先生が
非常に素晴らしいこと教えてくれました。

その内容を
ひとつシェアします。

その先生は
予約キャンセル・ドタキャンがあっても

必ずといっていいほど
別の人が予約の連絡してくれて

キャンセルで空いた枠が
スグに埋まるそうです。

その方法です。

・予約キャンセルがでる先生
・まだ予約枠に空きがある先生

はしっかりご覧ください。

『質問です』

先生は予約キャンセルあったとき
どちらの感情が強く出ますか?

・ちぇ。せっかく時間とってたのに。
・俺の時給返せ
・なんなよもう
・もうええわ

と、いったマイナスの感情

一方。

・あ、別の予定が入ってしまったから仕方ないよね。
・また来てくださいね。
・空きができてうれしいな。
・この時間を使ってワクワクすることしよう。

などといったプラスの感情

さあ、先生は

・マイナスの感情
・プラスの感情

どちらの方が強く出ますか?

ここでマイナスの感情を出してしまうと

・変わりの予約が入らない
・さらに自分の中にマイナスエネルギーが溜まっていく

一方、
ここでプラスの感情でいることができたら

自分のエネルギーは
プラマイゼロでいることができ

・プラスのエネルギーをもった人が予約を入れてくれる
・そしてその予約を入れてくれた人に
『ありがとうございます。』と感謝をすれば

自分のエネルギーがどんどんプラスになっていく。

そうすることで
プラスエネルギーが循環していく。

こんな感じだそうです。

経営では有名な言葉の中に

【顧客リストは真空を嫌う】

という言葉があります。

プラスエネルギーを循環させておくと

ポンと穴が空いた場所には
自然とその穴を塞ぐための力が働きます。

目に見えない世界なので
信じられない方もいるかもしれません。

ですが、
目に見えない力を少しだけ信じてみると

これまでとは違った結果につながる可能性がありますよ。

今日は覚えてほしいことはひとつだけです。

予約キャンセルがでたら
プラスの気持ちでいましょう。

そして
もしその枠を埋めてくれる方が現れたら
精一杯感謝しましょう。

コレだけで

プラスのエネルギーをもって
正しい努力をしていれば

あなたの予約表は
真っ黒になっていきます。

ぜひプラスのエネルギーを
循環させていきましょう。

【コレ見ていただけてますか?】

https://peraichi.com/landing_pages/view/af06u?_ga=2.184358053.2056532697.1635142960-2068145253.1608525440

まだ見てない方は
ぜひチェックしてくださいね。

本日も最後までご覧いただき
ありがとうございました。

楠本大貴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です