どんな魚を釣りたい⁉

こんにちは。

楠本式治療技術スクール

代表の楠本大貴です。

釣りシリーズも

今回で3回目となりました。

これまでは

“バス釣り”

を例に挙げて

お伝えしてきましたが、

今回は、

もっと根本的な

ことについてお伝えします。

前回の内容は、

繁盛している治療院の

治療技術についてでしたが

今回の内容は、

繁盛している治療院の

経営の根幹をお伝えします。

///////////////////////

先生は、

これまで少しでも釣りをしたことがありますか?

ほとんどの先生が

少しくらいは釣りをしたことが

あると思います。

では、

質問します。

釣りをしようと思ったとき

まず、1番初めにしなければならないことは

どんなことでしょうか?

答えは

【釣りたい魚を決める】

ことです。

全員正解しましたか?

まず初めに、釣りたい魚を決めないと

何も始まりません。

そして

釣りたい魚が決まったら、

・道具をそろえて

・釣りたい魚がいてる釣り場に行って

・釣りを開始する

この流れです。

そして

一例として

海に船を出して鯛を釣りに行くと

鯛以外にも、

いろんな魚が釣れることがあります。

これを

私たちの治療院経営に当てはめると

まず初めに

釣りたい魚=来てほしい患者さん

を決めなければ始まりません。

来てほしい患者さんが決まったら

・その患者さんに届くツールを集めて

・その患者さんがいてるところに

・その患者さんが来てくれるメッセージを届ける

これでようやく釣りができるんです。

そうすると

先ほどの海に船で釣りにいったときのように

狙っていない魚が釣れることもあります。

こう考えると

当たり前だと思いますが、

なかなか上手くいっていない治療院さんは

【全ての魚を釣ろうとしている】

つまり

子供からお年寄り

さらに

体の不調全般

全ての患者さんに来てほしい

という治療院を作っています。

魚釣りで考えたら

当然ですよね。

【釣りたい魚】

を決めなければ

・使う道具も

・釣りに行く場所も

・釣りをするタイミングも

すべて違います。

もし、

まだ思うような治療院経営ができていないのであれば

今すぐ

釣りたい魚=来てほしい患者さん

を決めてください。

そうすることで、

ようやく次の作戦を立てることができます。

本日も最後までご覧いただき

ありがとうございました。

楠本大貴

///////////////////

追伸

どうやって

釣りたい魚を決めたらいいのか?

ターゲットを絞るのが怖い

など、

何かご質問があれば

下記のURLからLINE登録して

ご連絡ください。

さらに

今だけ完全無料で

LINE登録で

ぎっくり腰・寝違えを劇的改善できる必殺技

を完全無料で公開中です。

https://lin.ee/Cn980ZO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です