丸パクリで上手くいく先生と上手くいかない先生の大きな違い

こんにちは。

SMP協会代表の

楠本大貴です。

本日は

『丸パクリで上手くいく先生と

上手くいかない先生の大きな違い』

というテーマで

治療院経営を成功させるヒントを

お伝えしていきます。

________________

先生はこれまで

新規患者さんを呼ぶために

チラシを作ったことはありますか?

チラシを作ってみた時

先生の作ったチラシで

どのくらいの患者さんが来院されましたか?

もしかすると

【反応率0.3%あるチラシ】

といわれるようなチラシを

デザインも文章もそのままで

先生の写真と電話番号・住所だけ変えて

作ってみたけど

反応率0.3%には

ほど遠い結果になってしまった

のではないでしょうか?

では

もともとそのチラシを作った先生の言う

【反応率0.3%】

はウソなのでしょうか?

違います!

反応率0.3%を出したのは本当です。

ではどうして

先生が同じように作ったチラシでは

ほとんどの人が反応しなかったのでしょうか?

それは

『前提・ターゲット』

が決まっていない

もしくは

間違っている

からです。

例えば

『産後骨盤矯正』

のチラシを

古いマンションに

大量に入れたらどうでしょうか?

さらに

『変形性膝関節症』

のチラシを

新しいアパート

に入れたらどうでしょうか?

いくら良いチラシでも

ほとんど反応しないのは

わかりますよね。

さらに

・縦書き

・横書き

でも反応する年代が変わります。

・縦書き=高齢者向け

・横書き=比較的若者向け

さらに

チラシで書いていることと

ホームページで書いていることが

全く違うことを書いていても

患者さんはその違和感を

瞬時に察知し

来院することはありません。

_______________

まとめます

チラシで成功するには

・ターゲットを絞る

・ターゲットの直接届くように配る場所を考える

・ターゲットに届く言葉を使う

・ホームページと一貫性を持たす

これらを意識すると

反応率0.3%のチラシを作ることも

夢ではありません。

本日も最後までご覧いただき

ありがとうございました。

楠本大貴

_____________

追伸

もっと具体的に

チラシだけでなくホームページや

SNS集客など

多くの最新情報を学びたい先生へ

1日わずか100円以下の投資で

治療院経営の全てが学べる

『奇跡の治療家義塾』

へぜひご入会ください。

失敗しない治療院開業方法から

ひとり治療院で月商300万超えの方法まで

治療院経営の全てを学べます。

詳しくは下記のURLへ

https://peraichi.com/landing_pages/view/xc5te

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です