体だけでなく、○○も助けれる治療家が繁盛する

こんにちは。

幸せな治療家プロデューサーの楠本大貴です。

本日は、

『体だけでなく、
 ○○も助けれる治療家が繁盛する』

というテーマでお送りします。

これを抑えることが出来れば、

確実にクチコミやリピートが増えます。

・・・

あなたの周りに

宗教団体はありますか?

これまで

宗教団体が犯罪行為を行ったり

冷静に考えれば

どうしてあんなところに

入ってしまうんだろうと

思ってしまう宗教もありますよね。

しかし、

そんな宗教団体には

今でも信者の入信が

相次いでいるそうです。

なぜ、そのような団体に

入信する人が後を絶たないのでしょうか?

それは、勧誘の仕方にあります。

どのように勧誘をするのかと

言いますと、こんな感じだそうです。

「あなたの悩みや辛い状況は

よく分かります。」

「私もそうだったんですよ」

「でも、ここに入って、

素晴らしい体験ができたんです」

ざっくり言うとこんな流れで

勧誘してくるそうです。

ここからが重要です。

信者になる人の共通点は

・子育てが大変なことを

認めてくれない夫に不満がある妻

・高学歴な学生

だそうです。

そんな彼らが心の底から

欲しているものは

一体なんだと思いますか?

その答えは、

「承認欲求」です。

承認欲求とは

非常にざっくり言うと、

・人から認められたい

・自分には価値があることを知らしめたい

このように、人間なら

誰でも少しは持っている欲求です。

例えば、子供は何かにつけて

「お母さん見て見て!」

を連呼し、大好きなお母さんに

褒めてもらおう・認めてもらおうと必死です。

ですが、子育てに無関心な

親の元に生まれたりすると・・・

子供は承認の欲求を

満たせなくなり、問題行動に走ってします。

ヤンキーになったり・・・

いじめっ子になったり・・・

引きこもったり・・・

そうすることで、

最も愛して欲しい親への

報復を無意識に行うのです。

話を戻します。

このように、承認欲求を

満たせていない人に対し、

甘い言葉を投げかけることで、

欲求を満たせていない

彼らは反応してしまいます。

話を治療院経営に戻します。

治療院に来る患者さんは

一体どんな患者さんでしょうか?

勘の良い先生なら

もうお気づきですよね、

承認欲求が高い患者さんが

多いはずです。

特に女性や高齢の方は

その特徴が顕著に現れます。

女性であれば、家事や仕事が

大変で身体がシンドイから

治療院に通っていますよね。

そんな女性の多くは

旦那さんから褒めてもらう、

労ってもらうなど、

承認して貰えていません。

高齢者の方であれば、

自分の自慢話を聴いてくれる

人が周りにいなかったり、

嫁や家族から邪険に

扱われている人も

いらっしゃいます。

そんな彼らが求めているのは

痛みやコリの解消ももちろんですが、

それ以上に求めているのは

「承認」あるいは「共感」なんです。

患者さんの話を親身に聴いてあげて、

ご苦労を理解し、共感し、

認めてあげればいいんです。

ポイントとしては簡単です。

患者さんの話を心の底から

「この人は本当に

 苦労されているんだな」

と共感しながら、

話を聴き続けてあげるだけでいいんです。

先生が親身に聞いてあげることで、

患者さんは確実に癒されます。

すると施術の効果もアップする可能性もあります。

まとめます。

患者さんの話を親身に

聴いてあげてください。

口下手だからとか、

コミュニケーションが

苦手とかは関係ありません。

なぜなら、彼らは意見を

求めていないからです。

ただ、理解、共感、認めて欲しいんです。

意見を求めてきたとしても、

既に自分の中に答えがあって、

それに同調してもらいたいだけなんです。

なので、親身に笑顔で相槌を

打つだけでいいんです。

これだけで、

「あの先生は感じがよい」

「患者さん思いの良い先生」

という印象を患者さんは持ってくれます。

すると、自然にリピートや

クチコミが確実に増えていきます。

ぜひ、患者さんの身体だけじゃなく、

心も助けてあげられる

治療家になってください。

本日も最後までご覧いただき

ありがとうございました。

楠本大貴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です