先生は本当に治療が好きですか?

こんにちは。

楠本式治療技術スクール

代表の楠本大貴です。

本日は

『先生は本当に治療が好きですか?』

というテーマでお伝えします。

「生涯にわたって治療家として活躍し

一人でも多くの困っている人を

笑顔にしていきたい」

そんな想いのある先生は

ぜひ最後までご覧ください。

_______________

先生は治療が好きですか?

私は治療が大好きです。

治療が好きだから、

一人でも多くの困っている患者さんを

笑顔にしたいと思います。

治療が好きだから、

現状に満足せず、

もっと効果的な技術はないかと

研究を重ねたり

技術セミナーに参加したりしています。

誰にやらされているわけでもありません。

私たちは

『自営業』

をしています。

『他営業』

じゃないですよね。

先生はこれまで

こんなことを

聞いたり・実践したり

していませんか?

・目標は紙に書いて目に付くところに貼ったらいい

完璧に間違っているとは言いませんが

先生が本当に治療が好きなら

上記のことはおススメしません。

以前、こんな言葉を

ある有名な先生から

教えていただきました。

____________________________

【あなたはどうせ、もう一度その夢を拾うことになる】

  そもそもあなたが欲しいものや夢や願望なんて  

「紙に書いたから叶う」というものでもないし、  

「書いたから叶った」わけでもありません。  

紙に書いて、持ち歩いて、 部屋に貼ったばかりに、  

それを見るたびにうんざりしてしまったら、

それこそ本末転倒です。  

なのに経験者が後を絶ちません。

大好きなアイドルの写真を持ち歩くのも、

大好きな彼氏の写真を待ち受けにするのも、

大好きな自分の子供の写真をいつも見てしまうのも、

行きもしない旅行のパンフを手に取って  

ついつい見入ってしまうのも、

「それを見ていたいから」

「見ているだけで幸せを感じられるから」です。      

見たいから見るのです。  

見ること自体が目的です。  

見ることがなにかの手段では無いはずです。      

いつも見ていたいから、  

見ると幸せな気分になるから、  

持ち歩いているはずです。      

「書いたから叶う」  

「持ち歩いたから叶った」のではなく、  

いつも持ち歩いて眺めていたいほど、  

いつも脳裏に焼きついている夢だからこそ、  

いつもそのことばかりを考えてしまうのです。      

「いつも持ち歩けば忘れないでしょ?」とか  

「毎日眺めることで潜在意識に届くのです」  

ということは、  

持ち歩かなければ、

毎日眺めなければ、

忘れてしまうような夢だということです。  

そんな夢があなたの潜在意識に  

届くことはありません。      

あなたにとって、  

どうしても叶えたい夢だからこそ、

街を歩いているときも、  

誰かと話をするときも、  

みんなといても、

一人の時も、  

ついそのことばかりを考えてしまいます。      

だからこそ、

その夢を叶えるための、  

チャンスやノウハウやアイデアに、  

人一倍敏感になるのです。

__________________

つまり

本気で治療が好きなら

・自然と患者さんを集める努力もするし

・常に技術を高める努力もする

誰かにやらされて動いてるんじゃない。

・ワクワクする

・楽しい

こんな気持ちで

毎日を過ごしていると

治療家として成功しないはずは

ありません。

_____________

まとめます。

先生は本当に治療が好きですか?

一度、本当に治療が好きか

自分自身に問いかけてみると

いいかもしれません。

一度、先生が

・ワクワクすること

・楽しいこと

を紙に書けるだけ書き出してみてください。

もし、

治療に関することが

入ってこないのであれば、

どこかで

治療家を引退したほうが

『幸せな未来』

を実現できるかもしれません。

本日も

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

楠本大貴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です