治療家として成功するために必要な最低限の約束

こんにちは。

幸せな治療家プロデュー楠本大貴です。


本日は
『治療家として成功するために必要な最低限の約束』

というテーマでお送りします。


私はこれまで、沢山の治療家さんと
接してきました。


そこから見えてきた
売上アップの大前提を
心を鬼にしてお伝えします。

今回のブログを最後までご覧になり
実践していただくことで
あなたは治療家として成功するための第一歩を踏み出すことができます。


—————————————————

質問です。


先生は最近、
何かしらの病院に行きましたか?


内科でも耳鼻科でも歯科でも
構いません。


病院の外観、内装、受付の対応、
そして、医師の雰囲気や
対応はいかがでしたか?


普段、ご自身が先生の立場だと
中々、気づかない点が
見えて来たのではないでしょうか?


実際に私が過去に行った病院の
例を挙げてみます。


・素敵なホームページ

・ホームページにある院長の写真は
 若々しく清潔感があり
 はつらつとした印象

・受付さんの対応もパーフェクト


期待に胸を高まらせながら
診察室へ入ると…

・挨拶無し

・足を汲んでいる

・写真と全然違う

・清潔感があるとは言い難い

・質問しても回答は曖昧

・やる気を感じず
 どちからというと横柄な感じ


事前に期待値が高まっていただけに
非常に残念な印象でした。


さすがに、このブログを
ご覧の先生でここまで
酷い方はいないと思います。


しかし、慣れとは恐ろしいもので…

よほど意識をしていないと、
先ほどの残念な院長のような
ことになってしまう可能性は
あなたにも十分にあります。


私も、あの院長のお陰で目が覚めました。


客観的に見て
あの院長ほど酷くは無いと思いますが…

「先生」

と持ち上げて貰うことで
多少なりとも勘違いを
してしまっていたかもしれません。


改めて

「実るほど首を垂れる稲穂かな」

を胸に刻み、励んでまいります。


まとめます!

先生は普段、「先生」と言われることに
慣れ過ぎてはいませんか?


先生からすると毎日のある一人の施術でも
患者さんからすると一期一会。


で、あればこそ、
目の前の患者さんを
大切な人だと思って
身だしなみを整え、

しっかり丁寧に問診をして
施術してあげてください。


これらの土台がしっかりあるからこそ
リピート、紹介、単価アップなどの
ノウハウ・テクニックが活きてきます。


また、ぜひお休みの日は
色んなサービスを体験してください。


お客さん、患者さんの立場に立つと
色々な気づきがありますよ。

そして
ぜひ、店舗の改善点&改善提案を
3つ以上見つけるようにしてみてください。

そして、
もっとよくするにはどうしたらいいかな?

と、常に考えてみてください。


飲食店でも、美容室でも床屋さんでも
歯医者さんでも構いません。


2つまでは結構簡単に
見つかりますが…

3つ目以上となると
意外と難しかったりします。


ぜひ、本日のブログを参考に

・患者さんが通い続けたいと感じる

・紹介したいと感じる

そんな院や先生になっているか
今一度、見つめなおしてください。

最後までご覧いただき。
ありがとうございました。


楠本大貴


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です