集客に困ったら・・・!

こんにちは。

楠本式治療技術スクール

代表の楠本大貴です。


本日は

『集客に困ったら・・・!』

というテーマでお送りします。

コロナウイルスの影響で
これまでよりも

新患数・売り上げが

下がっている先生には

スグに売上が上がる方法ですので

集客に困っている先生は
ぜひ最後まで集中してご覧ください。

————————————————————————————


「新しい30人の患者さんに
 来てもらうひとつのやり方は
 知りませんが

 1人の患者さんに来てもらう
 方法は30通り知っています。」

先生はこの言葉をどこかで

見たこと・聞いたことはありますか?

これは、アメリカの
マーケティングコンサルタント
ダン・S・ケネディ氏の著書

『大金持ちをランチに誘え!』
の中で出てくる言葉です。


私はこの言葉が大好きです。

私も自分の治療院の売上を上げ
軌道に乗せるまでは
必死にこの言葉を実践しました。


私が見てきた中で
繁盛していない治療家さんは

1つだけ施策を打つ



上手くいかない



諦める

というパターンが多いです。


逆に、繁盛している治療家さんは
集客につながる施策を
最低5つ以上考えて
“一気に全て”行っています。



そして、出た結果に左右されず
淡々と今するべきことをする。


これが、繁盛している
治療家さんの共通点です。


また、もし私が治療院の集客に困っていて
さらに予算がそんなになければ
具体的に以下の2ステップをします。

1:ネットや本・セミナーなど
  なりふり構わず、治療院集客系の
  情報を短期間で大量に集める

2:今すぐできて
  お金が掛からないことを
  全て一気にやる



また、地域性や院の内観外観
先生の雰囲気、施術メニューなどは
一貫性があるのかを考えます。


他にも様々な前提条件が必要ですが
上記の2ステップを実践し続ければ
集客に困ることはまずありません。


なお、お金があれば、
HPのリニューアルや
PPC広告を使うことも可能です。




しかし現在、お金が無い先生なら
恥も外聞も捨てて
考えられる集客を本気・死ぬ気で
全て一気にやりましょう。


アナログですが

まず初めのうちは

チラシが一番おススメです。



ポスティングよりも
ハンディング(手渡し)

ハンディングよりも
インターホンを押して
チラシを手渡しする
この方が絶対に効果がでます。



集客方法は誰でもすぐに
見つけられる時代です。

グーグルに
『治療院 集客法』

などで検索すると

具体的な集客方法なんか

簡単に知ることができます。

でも、

知っているだけじゃ

何にも意味がないんです。

知ってる

理解している

実践・実行できる

ほとんどの先生が

『知ってる』

で止まっているので

集客できずに困っています。

ぜひ、知っている情報を

理解して、実践・実行してください。

ほとんどの先生が

実践・実行しないので

実践・実行さえすれば

成功するのは簡単です。



後はやるかやらないかだけ。


先生の覚悟と行動量が
未来を作ります。

コロナなんかに負けずに
頑張りましょう。



最後までご覧いただき
ありがとうございました。

楠本大貴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です