3流コンサルタントを見分ける方法!

こんにちは。

楠本式治療技術スクール

代表の楠本大貴です。

本日は
『3流コンサルタントを見分ける方法!』

というテーマで
お伝えしていきます。

現在、コンサルタントという人は

非常に多く存在します。

しかし、そのほとんどは

2流・3流のコンサルタントです。

なので、その2流・3流のコンサルタントに

コンサルティングをしてもらうのではなく

しっかりと

1流のコンサルタントを見つける方法をお伝えします。

______________

では、初めに

あなたがコンサルタントになったと仮定して

この質問に答えてみてください。

問い:チラシの作り方を教えてください

この質問に対して

あなたならどう答えますか?

3流コンサルタントは
こんな風に答えます。

『まずはこのテンプレートを真似したらいいです』

それに対して

1流コンサルタントは
こんな風に答えます。

『なぜ、チラシを作りたいんですか?』

『ターゲットはどんな人ですか?』

もっといろんな見分け方がありますが

1流は【前提条件】から質問します。

それに対し
3流は【自分の意見】を伝えます。

コンサルタントにアドバイスを求めてきた人は

きっと“売り上げを上げたい”という

悩みを持っていたと思います。

それで、
自分の考えで『チラシをやろう』と考え

チラシの作り方を訪ねてきたと思います。

しかし、
1流の人は

しっかりと前提条件を確認したうえで

例えば、

・Facebookに友達何人いるんですか?

・Instagramにフォロワー何人いるんですか?

などと聞いてみて

Instagramのフォロワー1000人います

という答えが
もし帰ってきたら

チラシの前に

Instagramに
【腰痛で悩んでいる方いませんか?】

って投稿してみたらどうですか?

と、アドバイスするほうが

チラシよりも早く集客できる可能性があります。

また、チラシを作るにしても

・ターゲットは?

・何人集めたいのか?

・来てもらってどうしてほしいのか?

・なぜ来てほしいのか?

などなど、

チラシを作りたい理由を聞かずに

『このチラシを真似したらいい』

とだけアドバイスすると、

もしかすると、

大失敗してしまう可能性もあります。

こんな失敗をした先生がいました。

あるコンサルタントが

【汚い手書きチラシ】を作って撒くようにアドバイスしました。

しかし、アドバイスを受けた人は

“高級エステ店”の経営者です。

その人は

アドバイス通り

汚いチラシを大量に撒きました。

すると、

地域の人からの印象が悪くなり

売上は瞬く間に落ちてしまいました。

3流コンサルタントの意見を

そのまま実行すると

こんな大失敗をしてしまう可能性もあります。

ぜひ先生には

1流からアドバイスをもらってほしいと思います。

本日も最後までご覧いただき

ありがとうございました。

楠本大貴

_______________

追伸

手術宣告を白紙に戻す治療家育成

楠本式治療技術スクール
1dayセミナー&説明会

あと数名で受付終了します。

・誰にも負けない治療技術を見に付けたい先生

・売り上げを上げたい先生は

ぜひご参加くださいね。⇓⇓

https://peraichi.com/landing_pages/view/qlldd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です