治療院経営で、技術力よりも経営力よりも大切な事

こんにちは。

幸せな治療家プロデューサーの

楠本大貴です。

本日は

『治療院経営において技術力よりも経営力よりも大切な事』

というテーマでお送りします。

・・・

先日、とある研修に

参加してきました。

そこで、価値観が

ひっくり返りまくる体験が

「これでもか!」

と言うくらいできました。

その中で、

あなたに絶対にお伝えしたい、

“1つの気づき”がありました。

あなたがこの“1つの気づき”を、

知るメリットは以下です。

・患者さんがあなたのこと大好きになる。

・あなたの院が勝手に繁盛してしまう。

この二つです。

なので、最後まで

集中してご覧下さい。

あるワークをやっていた

時のことです。

そのワークは限られた条件の中で、

「相手を動かす」と言うものでした。

受講生たちは、各々作戦を立て、

あの手この手で相手を思い通りにしようと

創意工夫をします。

脅して動かそうとする人。

笑いで動かそうとする人。

泣き落としで動かそうとする人。

各々が本当に創意工夫を

持って、相手を動かそうとしたのです。

受講生の中には、

売上数億円の経営者や

保険営業の達人もいました。

しかし、百戦錬磨の彼らでも、

相手を動かすことは

できなかったのです。

ですが、相手を動かす

ことができた人がいました。

その人は、20代中盤の

無職の女性でした。

セールス百戦錬磨の彼らよりも

人を動かすスキルが確実に劣る、

無職の彼女は一体何をしたのでしょうか?

そして、百戦錬磨の彼らと

彼女の違いは一体何だったのか?

百戦錬磨の彼らは、

こう考えていました。

「どんなことをすれば相手を

“動かす”ことができるだろうか?」

一方、彼女は

こう考えていました。

「どんなことをすれば相手は

“動きたくなる”のだろうか?」

つまり、彼らは意識が自分に向いており

彼女は意識が相手に向いていたのです。

英語で言えば、

フォーミーとフォーユーの

違いです。

あるいは、スポットライトがあるとしたら、

自分にライトが当たっているか、

相手にライトが当たっているかの違いです。

はたまた、テクニックで人を

動かしてやろうと考えたのか。

相手に興味関心を持ち、尊敬し、

素直な気持ちを持って、

100%目の前の人に喜んでいただく!


と考えたのか。

この考え方、想いが

営業百戦錬磨の彼らと、

無職の女性の違いだったのです。

スキルやテクニックが無い

彼女はただ、必死な気持ちで、

目の前の人が動いてくれるなら、

なんだってやるんだ!

と、決意していたのです。

・・・

まとめます。

私たちは、

目の前の相手が本気で

自分のことを思っていて

くれているのかが無意識で分かります。

作り笑顔の人には、

違和感を感じるように

出来ているのです…

ここで、大切な質問をさせて下さい。

あなたは、目の前の患者さんに

100%意識を向けて、

施術をしていますか?

患者さんのことを心から理解し、

本気で助けたいと思って

患者さんに接していると断言できますか?

人は、本気の人に動かされます。

ぜひ、患者さんを救うことに

本気になって下さい

目の前の患者さんに100%

スポットライトを当てて下さい。

もし、患者さんに

スポットライトが当たっている

イメージが浮かばないのなら、

あなたが治療家に

なることを決意した理由や

きっかけを思い出してみて下さい。

きっと、小手先のテクニックに

捕らわれず目の前の患者さんを

救ってあげることだけに集中していた頃の

ご自身を思い出すでしょう。

そして、この熱意に加えて、

あなたが集客の仕組みを

持っていれば、あなたの院が

繁盛しないはずがありません。

ぜひ、熱意と集客の仕組み、

両方を手に入れて、目の前の

患者さんを救ってあげて下さい。

ありがとうございました。

質問やコメントは

http://nav.cx/gG9uonP

へLINEを使ってご連絡ください。

和歌山県生まれ。

柔道整復師・鍼灸師取得。整形外科に3年間勤務し西洋医学の限界を知る。

独立開業後、有効な治療を求め研究し、“たった1回3分でぎっくり腰を解消する整体”“ガチガチの肩がたった10分でフワッと軽くなる整体”など独自の治療法を開発する。

口コミで評判が広がり県外からの来院もあり、100%自費治療で1日20名以上の治療を行う。最高月商は300万を超える。これまで20,000症例70,000回の治療実績をもつ。

現在は、後進の育成にも力を注いでおり、受講生からは「ぎっくり腰の治療が得意になりました」「ぎっくり腰治療が大好きになりました」など、喜びの声多数。

“現代医学の常識を覆し、1人でも多くの人が健康で豊かな人生を送れるようにする”という想いから、ブログ“開業1年目の教科書”にて治療家が最大限に力を発揮する方法を発信中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です